2009年10月31日

第三回、貸金業務取扱主任者資格試験が迫っています

詳細はこちら

貸金業務取扱主任者資格試験の申込みが迫っています
申込み10月26日(月)〜11月16日(月)
要注意ですよ

試験日は、12月20日
今からでも、必ず間に合います

しかし

多くの受験者は受験勉強の時間のかけ方と、誤解があります。

主催者ののメッセージとしては

『貸金業務取扱主任者』資格試験で、全50問中の約30問が貸金業法ですヨ
ですから、民法に時間を割く必要などありません。

これだけでも、人より一歩先にいけます。

それに
業務プロセスの規制である貸金業法をしっかり勉強するといいでしょう

それ以外の科目は、貸金業法の理解に必要な範囲で勉強して下さい。

というのが、主催者ののメッセージなのです。
これに気づいている人はいません


わざわざ民法から始めたり、民法に多くの時間を割くのは、
「受かればOK」の
観点からいうと、単なる莫大な時間を使っているだけでしかありませんか

合格に必要な箇所だけを、図解を使って理解さえすれば、資格の
取得は可能だということです。

それが、

詳細はこちら



もう禁煙しかないでしょう!たばこが1箱500円に・・・・
賃金業務取扱主任者資格で、月収1,000万の夢も・・

posted by sikaku-star at 07:32| Comment(0) | 賃金業務取扱主任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。